電力自由化

  • 製品情報 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE エアシャワー パスボックス
  • クリーンブース 組立式アルミクリーンブース ファンフィルターユニット(FFU)
  • セーフティクリーンパーティション クリーンパッケージ 他クリーン機器
  • 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE
  • エアシャワーパスボックス
  • クリーンブース組立式アルミクリーンブース
  • ファンフィルターユニット(FFU)セーフティクリーンパーティション
  • クリーンパッケージ他クリーン機器

電力自由化

tetto

電力自由化

 大手電力会社が独占的に販売し、どこで買うかを選ぶことできなかった電力。
2016年4月の法律の改正によって、消費者は様々な電力会社から選択・契約する事が可能となり、従来の地域ごとの電力会社だけでなく、新たにさまざまな業種の企業が電力の販売をはじめています。電気価格のみで勝負する電力会社のほかに、携帯電話料金やガス料金等の「セット割り」プランを販売する電力会社など、生活に合わせたサービスをいくつかの選択肢から選ぶ事が可能になりました。
新規参入した電力会社“新電力”と契約した場合も、設備や電線はこれまで通り地域の電力会社(一般電気事業者)のものが使われますので、契約した新電力の発電量が不足した場合でも、地域の電力会社が不足分を補う仕組みになっています。そのため、停電や供給が不安定になることはありません。
一軒家以外にも、マンションやアパートなどの場合も、自由に契約をすることができます。(ただし、マンション全体で一括して契約している場合は対応が異なりますので、事前に管理組合等にご相談されるのがいいでしょう。)

 そもそも、“電力自由化”は2000年から比較的大きなビルや工場等、対象を限定し、既にスタートしていました。
一般家庭での電力自由化の引き金となったのは、2011年3月に発生した東日本大震災。地震の影響によって発生した原発事故で電気が不足し、電気料金は上がり始め、これまでの電力の制度に対しての疑問が国中に充満しました。このような機運が、電力の全面自由化への動きに拍車をかけたのです。

省エネ対策


page top

copyright© 2019 株式会社ニットー冷熱製作所. All rights reserved