空調設備の省エネ

  • 製品情報 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE エアシャワー パスボックス
  • クリーンブース 組立式アルミクリーンブース ファンフィルターユニット(FFU)
  • セーフティクリーンパーティション クリーンパッケージ 他クリーン機器
  • 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE
  • エアシャワーパスボックス
  • クリーンブース組立式アルミクリーンブース
  • ファンフィルターユニット(FFU)セーフティクリーンパーティション
  • クリーンパッケージ他クリーン機器

空調設備の省エネ

eakon

空調設備の省エネ

 工場において、主に使用するのが生産設備となります。
生産設備から省エネ効果を実現しようとすると、生産量を下げたり、設備を変更しない限り不可能です。
一方、固定エネルギーと言われる照明・空調・OA機器などは、生産量と電力量が比例する生産設備と違って生産量と電力量は比例しない設備項目となり、省エネにはこの固定エネルギーの低減への取り組みが一般的となります。
そして固定エネルギーのうち、もっとも多く使用しているのが空調です。

①空調設定の見直し
 今や国内では夏期冷房設定温度28℃、冬期暖房設定温度20℃設定が標準となりつつあります。
例えば夏場の設定温度を27℃から28℃にすると約5〜7%、冬場の設定温度を21℃から20℃にすると約2〜3%の省エネになり、1℃変えるだけでもこれだけの効果が期待できます。

②空調の区画見直し、利用していない部屋の空調停止
 工場全体の温度を同調させてしまうより、限られたエリアのみに空調を使用すれば、必要なエネルギーを必要な時に必要な量だけ使う事ができます。

③フィルターや熱交換器の清掃
 エアフィルターの清掃で風の流れを良くする事で、消費電力が約5%削減できる事があります。専門家でなければ改善できない項目もありますが、室外機、室内機のアルミフィンの洗浄により、空気の熱交換効率を工場させる事ができ、その運転効率の向上で消費電力が約10%削減することもできます。

工場の省エネ対策


page top

copyright© 2019 株式会社ニットー冷熱製作所. All rights reserved