省エネ法

  • 製品情報 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE エアシャワー パスボックス
  • クリーンブース 組立式アルミクリーンブース ファンフィルターユニット(FFU)
  • セーフティクリーンパーティション クリーンパッケージ 他クリーン機器
  • 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE
  • エアシャワーパスボックス
  • クリーンブース組立式アルミクリーンブース
  • ファンフィルターユニット(FFU)セーフティクリーンパーティション
  • クリーンパッケージ他クリーン機器

省エネ法

Energy-saving

省エネ法

 省エネ法は、内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じた燃料資源の有効な利用の確保に資するため、工場等、輸送、建築物及び機械器具等についてのエネルギーの使用の合理化に関する所要の措置、電気の需要の平準化に関する所要の措置を目的としています。
省エネ法におけるエネルギーとは、主に燃料、熱、電気を対象とし、そのため直接規制する事業分野としては、工場等、輸送、住宅・建築物、機械のそれぞれに事業者が規制の対象となります。
特に現在建築物部門がとても熱く、建築部門における更なる省エネ対策として2015年7月、「建築物省エネ法」が制定され、2016年4月より段階的に施行されてきました。そして2017年4月、「改正建築物省エネ法」により一定規模以上の建築物の新設・増改築を対象に適合義務や届出等の規制的措置が施行されました。
その措置とは、すべての建物を対象に、その計画が一定の誘導基準に適合している場合、その計画の認定を所管行政庁より受けることができ、容積率特例などのメリットを受けることができるようになりました。その後、省エネ対策をさらに強化させるため住宅事業建築主のうち、年間150戸以上の住宅を供給する事業主に適用されるもので、建売戸建住宅に関する省エネ性能の向上のための基準に照らして必要がある場合には、国土交通大臣が省エネ性能の向上を勧告することができるとする制度が新しく制定されました。このような制度は日々増えています。

省エネ対策


page top

copyright© 2019 株式会社ニットー冷熱製作所. All rights reserved