ボイラー

  • 製品情報 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE エアシャワー パスボックス
  • クリーンブース 組立式アルミクリーンブース ファンフィルターユニット(FFU)
  • セーフティクリーンパーティション クリーンパッケージ 他クリーン機器
  • 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE
  • エアシャワーパスボックス
  • クリーンブース組立式アルミクリーンブース
  • ファンフィルターユニット(FFU)セーフティクリーンパーティション
  • クリーンパッケージ他クリーン機器

ボイラー

ボイラー

 ボイラーとは、燃料を燃やして水蒸気や温水にする熱交換器をもった熱源機器のことです。
銭湯からオフィスビル、デパート、マンション、病院、ホテル、工場の生産ラインや地域冷暖房など、様々な場所でボイラーが使われています。
主に、下記に当てはまるものが定義されています。
・火気、高温ガスまたは電気を熱源とする
・水などを加熱して蒸気または温水をつくる装置である
・気または温水を他に供給する装置である

 ボイラーの原理としては、密閉された圧力容器内に水や特殊な油などを入れ、火気・高温ガス・電気などで加熱してできた水蒸気や温水を、建物などの熱源として利用します。

 ボイラーを法規(ボイラーおよび圧力容器安全規則)によって分類すると、次のようになります。

鋳鉄製ボイラー
・鋳鉄製組合わせボイラー(セクショナルボイラー)

鋼製ボイラー
・丸ボイラー
 鋼鉄製の水を満たした缶を主体としたボイラーで、保有水量が比較的多く、負荷の変動に強いです。
 (1)立てボイラー
 (2)炉筒ボイラー
 (3)煙管ボイラー
 (4)炉筒煙管ボイラー

・水管ボイラー
 伝熱部が水管になっているもので、循環方法により以下のように分類されます。
 (1)自然循環式水管ボイラー
 (2)強制循環式水管ボイラー
 (3)貫流ボイラー

・特殊ボイラー
 (1)廃熱ボイラー
 (2)特殊燃料ボイラー
 (3)特殊熱媒ボイラー
 (4)その他(電気ボイラなど)

 ボイラーは、その大きさなどの規模によって簡易ボイラー、小型ボイラー、ボイラーに区分され、それぞれの危険度に応じて規制が厳しくなっています。

温湿度管理


page top

copyright© 2019 株式会社ニットー冷熱製作所. All rights reserved