エアコンの節電

  • 製品情報 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE エアシャワー パスボックス
  • クリーンブース 組立式アルミクリーンブース ファンフィルターユニット(FFU)
  • セーフティクリーンパーティション クリーンパッケージ 他クリーン機器
  • 超省エネ型精密温湿度空調機 eONE
  • エアシャワーパスボックス
  • クリーンブース組立式アルミクリーンブース
  • ファンフィルターユニット(FFU)セーフティクリーンパーティション
  • クリーンパッケージ他クリーン機器

エアコンの節電

air

エアコンの節電

【夏】
 エアコンが最も電力を消費するのは、運転を開始して室温を設定温度にする時です。
機種によって違いはありますが、設定温度に近づける時の消費電力は約1000Wになり、温度が一定になってくると100W~200W程度まで下がります。節電を考えて運転スイッチの入り切りを繰り返すと、電力をかなり消費してしまいますので、一気に設定温度まで下げたら「自動運転」にし、お部屋の温度を設定温度を調節しましょう。
 冷たい空気は下にたまりますので、風向きは水平にし、暑いと感じたら設定温度を下げるより風量を強くした方が節電に繋がります。体感温度が下がり涼しく感じますので、扇風機を併用するなども効果的です。部屋の空気をかきまぜる為にも扇風機の併用をすると良いでしょう。
 部屋を閉め切って外出した際、部屋の温度が外より高い場合、窓やドアを開けて換気をしましょう。部屋の中の熱気を外に逃がしてからエアコンの運転を開始した方が節電になります。熱の出入りを防ぐため、カーテンなどで直射日光を防ぎましょう。

【冬】
 温め過ぎにならないように、こまめに温度調節が必要です。暖房時は1℃低めに設定するだけで約10パーセントも節電になります。
暖かい空気は天井にたまりがちなのでm風向きは下向きにし、足元から暖房しましょう。
日中は日光を取り入れ、部屋を暖めましょう。夜間はカーテンを閉めて、窓の隙間から入ってくる冷気で部屋の熱が逃げないようにしましょう。
 湿度が上がると体感温度が高くなります。加湿器などを利用し、湿度を50〜60%に保つ事で設定温度を低く抑えられます。

 その他、フィルターの掃除は2週間に1回はお手入れをすると良いでしょう。
フィルターの埃は、冷暖房の効果が弱まりますので、電気代の無駄遣いになります。
室外機の周りにはものを置かずに、吸い込み口や吹き出し口近くに障害物がないようにしましょう。
長く使わない時はプラグを抜き、無駄な電気をカットしましょう。

 最近では、エアコンのつけっぱなしが節電できると言われる事がよくあります。
15分〜30分程度の外出であればつけっぱなしの方が節電にはなりますが、日中数時間以上の外出の場合はきちんとOFFにしておく方が効果的です。大事なのは、エアコンは立ち上がり時に最も電力を消費すると言う事ですので、つけっぱなしにするのか、OFFにするのか見極めましょう。

省エネ対策


page top

copyright© 2019 株式会社ニットー冷熱製作所. All rights reserved