超省エネ型精密温湿度空調機 eONE



精密空調の仕組み

吸込空気から回収した熱で温湿度空調に必要な熱を賄う 超省エネ型温湿度空調機です。

eONEは、従来型AHUシステムで必須となる、化石燃料が必要なボイラ等の熱源装置が不要なのでCO2排出量を大幅に削減可能 です。
従来型AHUシステムでは【捨てていた熱】をeONEは回収して再利用するので省エネ効果が絶大です。

CO2排出量大幅削減、そしてランニングコストも大幅削減

●業界に先駆けて100%回収熱利用

●従来型AHUシステムに必要なボイラーやチラーは不要

●直膨式冷却機&電気ヒーター搭載方式と比べ最大80%の省エネ

●加湿用加熱器+滴下気化式加湿器で精密加湿を実現

過熱度制御

A点の冷却器入口冷媒温度とB点の冷却器出口冷媒温度を常に監視し、適正な過熱度[B-A]になるように膨張弁をPID制御します。これにより冷却効率を極大化、同時に圧縮機への液戻りを防止します。

凍結臨界制御

A点の冷却器入口冷媒温度を常に監視し、A点が凍結臨界温度を維持するようホットガスの流量をPID制御します。これにより冷却効率を極大か、同時に冷却器の凍結を防止します。

HGBインジェクション制御

冷凍回路の圧力を常に監視し、危険な高圧状態ならないようにホットガスのバイパス流用をPID制御します。これにより制御温度範囲上限50°Cの制御が可能になりました。

eONEに装備された[冷却水凍結防止機能]

冷却水の出口温度が、入口温度よりも低くならないようにコンプレッサーを制御して、冷却水からの回収熱量と、冷却水への排熱をバランスさせて凍結を防ぎます。

※OA導入量の条件等により、吸込空気からの回収熱量が不足する時期に(冬期)には、冷却水からの回収熱量が、冷却水への排熱量を上回ることがあります。目安としてOA導入量20%以下時のみ使用可能な機能になります。





page top

copyright© 2019 株式会社ニットー冷熱製作所. All rights reserved